もち子ブログ

アニメ紹介×QOL(Quality Of Life:生活の質)向上🌸

【働き方改革②】療法士を辞めたい、転職したいと悩んでいる方へ【作業療法士・理学療法士】

f:id:motikoblog:20210917232721p:plain

こんにちは、もち子です!

今回は”作業療法士とは別の働き方”を考えるきっかけとなった【総合病院で働いていた回復期時代】について話していきます。

作業療法士になって辞めたいと思っている人は多いはず‥

そのエピソードを話していきます。

自己紹介

まず、私の作業療法士として自己紹介からみていただけたらと思います。

www.motikoblog.com


前回もあるので、よければこちらも。

www.motikoblog.com

急性期から回復期へ異動

私のリハビリテーション科はOT,PT,STすべて含めて約100人いる総合病院でした。そこから急性期、回復期とメンバーが分けられ、所属部署は1年ごとに変更されます。

中には性格から判断して急性期から老健施設に異動される方もいます。

私の場合は急性期に1年ほど所属していましたが、室長との相談の元、回復期へ異動になりました。他の方は誰もいかず、私だけでした。その時点で何故なんだろうと感じていました。

しかし、こちらの回復期病棟、、、

年に一人は必ず誰かが辞めていきます。

私は総合病院にきたきっかけの理由として、OTとして多くを学んでからクリニックなどで働けるようにしようと思い、決意しました、

回復期病棟が嫌になったエピソード

急性期で働くと、午前中に外来患者も治療するのが決まりで、最初は業務内容を覚えるのに必死でした。

しかし半年もすれば慣れてきたこともあり、急性期・外来の治療内容も私にとって楽しかったです。

もちろん、急性期ですので病状の重い方も多く、バイタルチェックには非常に気をつかっていましたので緊張状態は常にありました。

回復期病棟では病状が安定している人は多く、自宅復帰がメインですので急性期ではあまり行わない自宅訪問も多く、私は回復期病棟がこんなにやりがいのある素敵な仕事なんだと学ぶことができました。

看護師さんとは仲が良く、師長は私の遠い親戚でしたので多くをサポートしてくださいました。

でもどんどん、回復期病棟の人たちが辞めていくかわかりました。

急性期ではバイザーもいて、PTの先輩方もさりげなく話をしにきてくれる方が多く、わからないことがあれば、すぐ相談もできました。自然と知識もついてきます。

しかし私は回復期病棟リハビリチームとの間に最初から距離があった気がありました。

回復病棟はもう派閥のような、もう戯れるメンバー自体が固まってるような感じです。

回復期病棟の人たちは5年ほど同じメンバーだからというのもあるのですが、、

これは何かに似ているなぁと思っていたら小学校や中学校みたいな環境です。とても苦しかったです。

私のOTとしての知識が少ないのはもちろんありました。でも何故か浮いているような、そんな感じがしていました。

ここで、毎年一人は異動した人が辞めていく理由がわかりました。。。

それからはOT自体が嫌いになる程、病院にいくのが嫌でした。

OT自体を辞めたい理由

リスト

QOLやADLのアプローチは人によって様々。正解がない
●休みの日はお金を出して勉強会へ行く
●家に帰った後や、貴重な休みの日は身体かしんどくて動くことができない
●バイクが好きで乗っていましたが単独事故を含めて3度ほどした(仕事を辞めてからは一度もありません)
⇒仕事で悩んでいた友達も、何故か事故を繰り返していました。
●OT学会と京都リハビリテーション学会の年会費
●資格をもっていない友達は普通の会社について暦通りで休みが多い、給料も同じくらい
●自己肯定感がなくなる
●実習生をみても給料は上がらない
●365日のシフト制だから先輩優先で好きな日に休めない

●勉強しなければいけない分野が多すぎてどこから手をつけていいかわからない

全て私の勉強不足なのはわかっていましたが作業療法士として治療で行っているQOL

私自身QOLは0でした。

それから、親戚が入院し、医療ミスをされて居場所がなくなった私は辞職することに。。※医療ミスについて別記事記載予定

仕事を辞めてみて

辞める辺りはもうほぼ鬱状態でしたが、仕事を辞めてから自由な時間ができたことで大学に入ってから不安だったことがなくなりました。

こんなに生きていくのが素敵だと改めて思いました。

今はクロスバイクなどに乗って身体を動かすことで鬱状態寛解しました!

自分自身でようやくQOLの大事さに気づけました。

 

今も辞めようか悩まれている方へ。

辞めてもまだ次があります!

プライドや周りの目を気にして何故もっと早く辞めなかったのかと思います。

身体に限界がきたら辞めても大丈夫です🙆‍♀️✨

どこでも働いていけるし、OT以外の仕事もできますよ!

私は今、作業療法士ではない働き方をしていますが充実して過ごしています✨

カテゴリーとして【OTの働き方改革】で行っています。

一覧としてみていただける方はそちらをクリックしてもらえると嬉しいです😆

www.motikoblog.com

まだ作業療法士理学療法士として頑張っていきたい方はこのようなオンラインセミナーもございます。こちらで知識をつけるのもいいと思います。

PT.OT.STのための総合オンラインセミナー『リハノメ』

オススメ療法士転職サイト3選

もし作業療法士理学療法士で転職をしたい方はこちらおすすめです。

リハのお仕事

リハのお仕事 

  1. 施設や病院内の人間関係や評判など、一人では知ることが難しい求人票に書かれていない情報も充実しており、非公開求人を多数保有されています。
  2. ご希望やご経歴をしっかりとヒアリングし、今後のキャリアについてのアドバイスや過去事例などをご紹介していただけます。

在宅勤務に特化した転職サイト

在宅で正社員を目指したい!まずは無料研修へ

在宅ワークへの転職に有利な転職サイトです。リモートワークへ転職したい人にオススメです。

ケアジョブ

医療・福祉専用の転職サイト

保有資格として作業療法士理学療法士言語聴覚士介護福祉士、介護職員実務者研修、介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、介護職員基礎研修、ケアマネジャーなどでも検索できます。

資格なしでも検索できるので一度使ってみてください。

相談乗ります

もし悩まれている方がいれば、私でよければ相談に乗ります!自分一人で悩まないでください!同じ気持ちの人はたくさんいます。

ツイッターの質問箱に投げかけていただければお答えいたします。

peing.net

twitter.com

長い文章ですが、読んでいただきありがとうございます😊✨

 

↓ぽちっとしていただければ頑張ります!

ブログランキング・にほんブログ村へ